スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金を貸してくれないかも……企業の約5割が「倒産の増加」を懸念(Business Media 誠)

 借り過ぎ・貸し過ぎを防止する総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などを定めた改正貸金業法。2010年6月18日に完全施行されるが、この法改正のメリットはどこにあるのだろうか。企業に聞いたところ「過剰貸し付けの抑制」(54.5%)が最も多く、次いで「多重債務者の減少」(49.0%)、「上限金利の引き下げ(グレーゾーン金利の撤廃)」(46.2%)であることが、帝国データバンクの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 一方のデメリットは「緊急の少額借入の困難化」(50.7%)と答えた企業が最も多かった。法改正により、個人事業主あるいは法人企業のいずれかの倒産が増加すると考えている企業は48.6%に達した。業種別に見てみると「金融」は53.1%となり、過半数が「倒産の増加」を懸念しているようだ。また約3割の企業は「消費の低迷を助長」(29.3%)と、経済への悪影響を懸念していることがうかがえた。

 企業からは「長期的には高金利の貸出の排除は個人破産の抑制につながり、社会的にも自殺防止によい」(ソフト受託開発)や「過度な価格競争を避け、デフレ脱却のためにも必要」(冷凍調理食品製造)という声のほか、「短期的には消費は後退するが、長期的には消費の健全化につながる」(労働者派遣)といった、長期的なメリットを挙げる企業が目立った。その一方、「病気や学費、冠婚葬祭等の緊急のお金に対する対応が困難となる」(建設)や「受注が目前にあっても、当座の資金に困窮するため機器などの購入が困難になる」(建設機械卸売)など個人・企業双方の緊急時の借入困難化を指摘する意見が多かった。

●貸金業者からの借り入れ、「ある」は3.7%

 消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者からお金を借りている企業はどのくらいあるのだろうか。「借り入れている(借りていたを含む)」と答えた企業は3.7%。企業規模が小さくなるほど借り入れを経験している企業は多くなり、「小規模企業」では6.6%に対し、「大規模企業」は2.2%。また業界別で見てみると「不動産」(9.0%)が最も多く、次いで「サービス」(6.6%)、「小売」(5.8%)と、内需関連業界で借入経験を持つ企業が目立った。

 法改正によって、自社の資金繰りに影響があるという企業はどのくらいあるのだろうか。「影響がない」と答えた企業は85.1%に対し、「影響がある」は3.0%。規模別に見てみると「小規模企業」は5.0%となり、「大企業」(2.3%)を2.7ポイント上回った。また貸金業者から借入経験のある企業では、18.5%が「影響がある」と回答した。

 調査期間は2010年5月20日~31日で、1万806社が回答した。【土肥義則】

【関連記事】
『闇金ウシジマくん』の関係者が語る、“優しい闇金”の真相(前編)
あなたのそばにいる“優しいヤミ金融”……その実態は?
あなたもお金が借りられなくなる? 法律が招いた“優しいヤミ金”

仙谷氏「身震いする気持ち」(時事通信)
富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
意外においしい!?昆虫食、ひそかなブーム(読売新聞)
新首相動静(6月4日)(時事通信)
<強盗致傷容疑>女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島(毎日新聞)
スポンサーサイト

宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)

 お笑いタレントの宮川大助、花子さんらが26日、鳥取県米子市を訪れ、今年で10周年を迎える「大山と遊ぼう!大助・花子の健康ウオーキング大会」をPRした。秋の大山を宮川さん夫妻と歩く大会は平成13年から続けられており、今年は10月2日に開かれる。

 長女のさゆみさんや弟子らと同市役所を訪問した大助さんは、野坂康夫市長らに「大会の時期にはコスモスの花がきれいで、この10年本当に楽しんだ」と語り、脳梗塞(こうそく)で倒れた19年には参加できずにバスで待機したエピソードを披露。花子さんも「みんなが『おかえり』と迎えてくれるのがうれしい」と話した。

 大会は、12年に起きた県西部地震の被災者を元気づけようと、同県境港市出身の大助さんが提案。賛同した自治体や企業などが実行委を結成して開いている。

 今年は、例年の10キロ、4・5キロの2コースに加え、2・5キロコースも新設。9月24日までに申し込めば参加費2千円。当日参加は2500円。問い合わせは大会実行委((電)0859・37・2311)。

【関連記事】
城東署一日署長の宮川花子さん、高齢者交通安全大会に参加
鬼太郎たちが中部空港に 鳥取県が観光宣伝活動
鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った
「男女平等度」1位鳥取、最下位は埼玉!? 東北大教授が算出
住雲寺のフジ見ごろ 鳥取県大山町
虐待が子供に与える「傷」とは?

「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに? 府民不在と違和感も(産経新聞)
女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)
誰が直したの?…こち亀「麗子」像、真っすぐに(読売新聞)
<橋下知事>大阪府庁舎の禁煙エリア拡大へ(毎日新聞)
<糖尿病>学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく(毎日新聞)

法定相続人の定義など相続の基礎を学ぶ(医療介護CBニュース)

 介護者の会ネットワーク会議が主催する公開講座「相続を知ろう」が5月20日、東京都内で開かれ、法定相続人や課税相続財産の定義など、相続を考える上で不可欠な基礎知識を参加者が学んだ。

 公開講座では、住友生命保険相互会社ウェルズ開発部のファイナンシャルプランニングデザイナーの野中優吉氏が講演。被相続人が死亡した時、相続の権利がある法定相続人に該当するのは「配偶者」「子」「父母」「兄弟姉妹」であることや、課税相続財産の対象となるのは「不動産」「証券」「動産」「その他(ゴルフ会員権など)」で、生命保険の保険金は相続での分割対象にはならないなど、相続の基礎知識について解説した。

 特に被相続人の財産の維持・増加や介護、病気の看護などに貢献した法定相続人に認められる寄与分については、「例えば、長男の妻が義理の父を献身的に介護していたとしても、(長男の妻は法定相続人ではないので)認められない」と指摘した。ただ、「長年の労苦に報いるため、寄与分の分割協議で、長男世帯により多くの遺産が割り振られるケースはある」とも述べた。

 また野中氏は、どんなケースでも円満に相続を終えることは難しいとした上で、「スムーズな相続を目指すなら、分割を考える前に、被相続者が所持する財産がどのくらいあるかを本人の了解を得て確認しておくとよい」とアドバイスした。


【関連記事】
要介護者や家族が長妻厚労相や山井政務官と意見交換
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ
介護する側を守る法とシステムの確立を
介護者の悩み聞くボランティアを育成へ
長期間の家族介護者ほど「心理的ストレス」に-厚労省調査

訪問介護員、「生活援助」ができない?(医療介護CBニュース)
「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」(産経新聞)
<掘り出しニュース>J2 愛媛VS大分“温泉ダービー” 相手チーム紹介で図書館対決(毎日新聞)
<放送法改正案>「電監審」の権限強化削除求める 日弁連(毎日新聞)

<3中学生けが>衝突のはずみではねられ 愛知・尾張旭(毎日新聞)

 11日午前8時15分ごろ、愛知県尾張旭市西の野町3の市道交差点で、同市の男性看護師(63)運転の乗用車と同県一宮市の男性会社員(25)運転の乗用車が出合い頭に衝突した。はずみで会社員の車が交差点北西角の歩道にいた尾張旭市立旭中学3年の男子生徒3人をはねた。3人は腰の打撲などの軽傷。車の2人にけがはなかった。

 県警守山署によると、現場は信号のない交差点。当時は渋滞の車列で見通しが悪かったという。生徒3人は通学途中だった。【秋山信一】

【関連ニュース】
盗難車:追跡され住宅玄関に衝突 ガス漏れが発生 岐阜
米国:岸壁にフェリー衝突60人けが NY
小1重傷:捜査車両がはね 兵庫・伊丹
中央道:トラックにはねられパンク修理中の3人死亡 甲府
ひき逃げ:フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉

全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)
アダルトショップ経営者逮捕=偽ED治療薬販売-大阪府警(時事通信)
逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ(スポーツ報知)
介護基盤整備などで厚労省からヒアリング―民主・介護議連(医療介護CBニュース)
医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも(読売新聞)

新幹線で盗撮、JR西職員逮捕=出張帰り、女性の隣に移動-兵庫県警(時事通信)

 新幹線内で女性のスカート内を盗撮したとして、兵庫県警姫路署は23日、県迷惑防止条例違反の疑いで、JR西日本運輸部新幹線運輸課課長代理小幡仁容疑者(40)=同県西宮市大谷町=を逮捕した。同署によると、「乗車率を調べようと別の車両に移動した」などと話しているが、容疑は認めているという。
 逮捕容疑は22日午後10時50分ごろ、博多発新大阪行き「ひかり」の岡山-姫路間の車内で、大阪府内に住む女子大学生(22)のスカート内をカメラ付き携帯電話で盗撮した疑い。
 同署によると、小幡容疑者は九州への出張を終え、酒を飲んで帰宅する途中だった。もともとは女子学生と別の車両に乗っていたが、隣の席に移り、盗撮しているところを車掌に発見された。女子学生は当時、眠っており気付いていなかった。携帯電話には盗撮画像が残っていたという。 

【関連ニュース】
痴漢事件で男性に無罪=被害者証言の信用性否定
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い
「痴漢は絶対に許さない!」=警視総監らがチラシ配布
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に

福岡県警警察官を逮捕=改造拳銃を所持-銃刀法違反容疑で警視庁(時事通信)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
ポルシェ監査役会を増員、VWから新任多数(レスポンス)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
<普天間問題>政府が辺野古修正案 埋め立てず沿岸部か沖合(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。