スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼け跡から2遺体、首に絞められた跡=会社役員夫婦か、殺人放火で捜査-富山県警(時事通信)

 富山市のビルで20日午後、火災があり、焼け跡から男女2人の遺体が見つかった。いずれも首を絞められた跡があり、富山県警捜査1課は21日、何者かが2人を殺害して火を付けたとみて、富山中央署に捜査本部を設置、殺人放火事件として捜査を始めた。
 捜査本部によると、20日午後0時半ごろ、同市大泉のSKビルディングから、「煙が出ている」と通行人が119番。鉄筋3階建てビルのうち、2階の約80平方メートルを焼き、焼け跡から2遺体が見つかった。司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死だった。
 女性の遺体は、2階に住む無職福田信子さん(75)と判明。夫の会社役員三郎さん(79)と連絡が取れないことから、捜査本部は男性の遺体は三郎さんとみて、確認を急いでいる。 

【関連ニュース】
出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警
「警察が犯罪組織化」=来日の同僚女性記者が訴え
78歳女性、自宅で殺害か=強盗殺人で捜査本部
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑

<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
倉庫から米3660キロ盗む=容疑の無職男を逮捕-岡山県警(時事通信)
生活保護受給者に薬物入手依頼か=ネット転売、立件へ-神奈川県警(時事通信)
<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)
<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)

雑記帳 「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)

 青森市浅虫の県営浅虫水族館前で、こいのぼりならぬ「イルカのぼり」(長さ5メートル)や「ペンギンのぼり」(同4メートル)などが空をスイスイ泳いで来館者を出迎え、人気を集めている。

 アマゾンの淡水魚ピラルクー(同4.5メートル)やディズニー映画の主役にもなったカクレクマノミ(同3メートル)も。同水族館の人気者で来館者を楽しませようと5月5日まで連日、掲揚している。

 同水族館の来館者は近年30万人台前半が続いている。東北新幹線新青森駅開業(12月)で観光客増が期待される中、イルカの得意技にあやかって来館者数も大ジャンプしたいところだ。【三股智子】

【関連ニュース】
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画
アカデミー賞:ドキュメンタリー賞に日本のイルカ漁告発作
鴨川シーワールド:イルカの飼育、親子連れ学ぶ /千葉
バンドウイルカ:すくすく元気に 「桜太」20日で1歳--くじらの博物館 /和歌山
バンドウイルカ:「ダン」仲間入り きょうから一般公開--桂浜水族館 /高知

<公取委>5社に排除命令 光ケーブルでカルテル(毎日新聞)
仕分け対象の独立行政法人と事業(2)(産経新聞)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
児童養護施設で性的虐待=指導員が男児十数人に-岡山市(時事通信)
オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)

<皇室>愛子さま、学習院初等科3年に進級 始業式は欠席(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が学習院初等科3年に進級し、9日、登校した。宮内庁によると、この日は同校正堂で始業式があったが、愛子さまは欠席。皇太子妃雅子さまと一緒に教室で待機し、式後のホームルームだけ出席した。雅子さまも参観したという。

 同校によると、進級に伴ってクラス替えがあった。愛子さまは「通学に強い不安感がある」として2年生の3学期末には授業を休んだり早退したりした。7日には皇太子ご一家が同校を訪れ、約2時間にわたって校内を見たり、教師と懇談するなどした。

美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
<子どもの自殺>発生時の対応まとめる 文科省(毎日新聞)
<国勢調査>ネット回答方式は東京都で実施(毎日新聞)
日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)
病腎移植3例目、術後は安定 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)

普天間移設 徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)

 政府は9日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、鹿児島県の徳之島を軸に米国や地元と調整する方針を固めた。鳩山由紀夫首相が2日の関係閣僚会議で「普天間は全力で県外に出したい」と徳之島への移設を指示したことを受けて、普天間のヘリ部隊(約60機)の大部分を徳之島空港の滑走路を利用するなどして徳之島に移転し、一部を米軍キャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市)にヘリパッド(ヘリ離着陸帯)を建設して移転する方針だ。

 これに伴い、政府が「将来的な案」として検討していた米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設する案については、3月29日にワシントンであった岡田克也外相とゲーツ米国防長官の会談などで米側から「実現可能性がない」と難色が示されたことを受け、断念する公算が大きくなった。

 徳之島に対しては8日夕、政府が地元との交渉窓口と想定してきた防衛省の井上源三地方協力局長が、知人の総務省幹部を通じて伊仙町の大久保明町長に「会いたい。島の状況について聞きたい」と打診。大久保氏は申し入れを拒否したが、関係者によると政府はさらに、公安調査庁職員を派遣しているという。

 岡田外相も9日夕、外務省でルース駐日米大使と会談。徳之島などへの移転案について、米側が軍事運用上の問題点を検討するのに時間がかかるとの認識で一致したとみられる。日米実務者協議の開始はずれ込む見通しだ。【仙石恭、横田愛】

【関連ニュース】
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示
普天間移設:5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達
普天間移設:北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討
鳩山首相:普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す

山崎さんシャトル、最終準備=「思う存分楽しんで」-今夜打ち上げ(時事通信)
姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
<ハイチ大地震>また笑顔で筆を 愛知・岡崎で絵画展開催へ(毎日新聞)
<将棋>急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)

トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)

 今月15日朝に起きた大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線のポイント損傷による運行トラブルで、自動列車制御装置(ATC)を解除して手動運転に切り替わっていた始発電車の運転士が、規定に定められた最高速度40キロを20キロ近く超過して運転していたことが29日、市交通局の調査で分かった。非常事態にもかかわらず、通常に近い速度で運転していたとみられ、ずさんな運行実態があらためて浮かび上がった。

 トラブルの原因を調べている市交通局の調査対策委員会は30日、この速度超過を含めて現時点で判明した調査結果を公表する。

 交通局によると、長堀鶴見緑地線の運転規定では、ATCを解除して手動運転を行う車両は最高速度を通常の70キロではなく40キロに制限。運転指令所も当時、京橋駅を出発した直後に異常作動したATCを解除した始発電車の運転士に対し、最高速度を制限した注意運転を指示していた。

 ところが、調査対策委が鶴見緑地駅まで各駅の到着・出発時間などを分析したところ、通常とほぼ同じ所要時間だったことが判明。通常運転では京橋から鶴見緑地駅までは最高速度60キロ近くに達する地点が数カ所あるという。

 当時は1年間の休職から復帰後3日目の運転士(36)が指導資格を持つ運転士(41)の助言を受けながら運転。運転士は速度超過の理由について「始発電車が遅れると後続ダイヤへの影響が大きくなると思った」と説明しているという。

 調査対策委は、指導役が監督しながら制限速度が守られなかったのは不可解とみて、さらなる解明を進めている。

【関連記事】
地下鉄トラブルで安全対策見直す 大阪市交通局
大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部
大阪の地下鉄トラブルで府警が捜査 運転士らミスした可能性
後方確認せずに電車をバック 大阪の地下鉄トラブルで
大阪・地下鉄トラブル、運転士は2人「より注意できたはず」

改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
<キャンパスアンケート>9割の学生が就職活動に不安(毎日新聞)
<咸臨丸>太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)
<松戸女子大生殺害>竪山被告を追起訴 一連の捜査を終結(毎日新聞)
領土問題、協議継続を確認=核軍縮でも意見交換-日ロ外相(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。